サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

敏感肌に悩まされている女性へ~理想的な洗顔回数~

敏感肌の女性は洗顔に悩むと思います。
私は、思春期は脂性肌、その後は乾燥肌、30代になった今は混合肌と、ずっと敏感肌と付き合っています。
思春期は特別な期間だとしても、大人になってから肌質が変わると知らなかったので、間違った洗顔をしてきたような気がします。
どんなに高価な化粧水をつけても、洗顔がきちんとできていないと肌に栄養が入っていきません。
敏感肌に悩む私が、肌のタイプ別に理想の洗顔回数を調べました。

乾燥肌の理想の洗顔回数とポイント

化粧水をつけないと、肌がカサカサしてつっぱるのが乾燥肌です。
口元にガサガサと粉をふいているのも乾燥肌の特徴です。
そんな乾燥肌に理想的な洗顔回数は、朝晩一日2回です。
ただ、朝は水洗いだけでも大丈夫です。

晩の洗顔で、洗顔石鹸などを使い、洗顔をしてください。
そして洗顔の際は、あまりごしごしと力を入れてしまうと、肌の表面に必要な皮脂を根こそぎ洗い流してしまうことがあるので、注意が必要です。
優しく顔を包むように洗顔すると効果的です。
洗顔後は、乾燥肌の必須アイテム、化粧水と乳液、場合によってはクリームでたっぷり保湿をしてあげましょう。

脂性肌の理想の洗顔回数とポイント

皮脂が浮いていて、顔が全体的にべたついているのが脂性肌です。
そんな脂性肌に理想的な洗顔回数は、朝昼晩一日3回です。
脂性肌は、思春期に多く見られます。
それはホルモンバランスの関係で、皮脂の分泌が多くなるためです。
その皮脂をきちんと洗顔で洗い流せないと、ニキビの原因にもなりますので、こまめな洗顔が必要です。
ですが、回数が多ければいいものではありませんので、理想は朝昼晩の3回です。

また、思春期を過ぎても脂性肌のように感じる女性もいると思います。
それは、実は乾燥しているのに、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌しているからです。
顔の表面は皮脂が多いので、やはり洗顔が必要になります。
そして、洗顔後の水分を与えるスキンケアを忘れないようにしてください。
参考サイト:洗顔石鹸 ランキング

混合肌の理想の洗顔回数とポイント

Tゾーンはべたついているけれど、頬や口のまわりは、乾燥が気になるのが混合肌です。
そんな混合肌に理想的な洗顔回数は、朝晩一日2回です。
私は今、混合肌なのですが、オイリーな鼻と、乾燥気味の口のまわりに同じように洗顔していいのか、悩んだことがありました。
とは言え、Tゾーンだけ洗い、その他の部分を洗わないというのは難しいですよね。
どんな洗顔が適切なのか、乾燥肌も脂性肌も、どちらも悩みどころはありますが、やはり混合肌は一番厄介だと思います。
混合肌は一日2回洗顔し、その後、化粧水と乳液をつけるとき、乾燥の多い部分は丁寧に保湿するようにするとよいです。

最後に

いかがでしたか?女性にとって洗顔はあまりにも日常です。
何となく当たり前になっている洗顔回数を、今一度見直してみるのもいいかもしれません。
敏感肌と上手に付き合うことで、理想の素肌を手に入れていきましょう。
お役に立てればうれしいです。

▲PAGE TOP